タイでクレジットカードを作ってみた カシコン銀行プラチナカード

タイでクレジットカードを作ってみた カシコン銀行プラチナカード タイの生活・風習

タイでクレジットカードを作るには仕事をしていないとなかなか作れません。
これは日本でも同じで、収入が無いと審査が通りません。
いろいろ調べていると、カシコン銀行のプラチナカードをノンイミグラントビザO(配偶者ビザ)でも作ってくれるところがありました。

どんなカード?

カシコン銀行のプラチナカードは、本当は毎月5万バーツの収入が無くては作ることが出来ません。
そしてカシコン銀行プラチナカードは、年会費が無料で年に2回スワンナプーム空港のラウンジを無料で利用できる特典があります。

ダメ元で申し込んでみたところ、申し込んで2週間ほどでカシコン銀行から審査を通過した電話が入り、そのあとすぐにカードが郵送で届きました。

手続きは?

手続きのために用意する物は、パスポートのコピー(写真ページとビザの期限のページ)、嫁のIDのコピー、嫁のタビアンバーン、在留証明書のコピー(無くても可)

特典は

年に2回だけですがスワンナプーム空港のラウンジでビールがタダで飲めるのはありがたいです。
しかも年会費無料!!そして、何より嬉しいのは電話で日本語の応対もしてくれます。
クレジットカードでトラブった場合は説明が困難です。
そんなとき日本語の専用電話があるのは便利です。

限度額は

無職でクレジットカードを作る場合は、月の利用限度額を自分で決めてその金額を新しく作った口座に保険として預ける形でクレジットカードの審査を通してもらいます。
月に5万バーツの利用限度額にするなら5万バーツを預けます。

そのお金はクレジットカードを解約するまで引き出すことは出来ません。
利用限度額を20万バーツに引き上げたい場合は、銀行に行ってあと10万バーツを入金します。
私は月に10万バーツ使えるように銀行に10万バーツを預けました。

飛行機のチケットの予約、旅行先でのホテルの予約、ネット通販の支払いなどクレジットカードは必要になってきます。

タイではクレジットカードを持っているのはステータスでもあります。

コメント

  1. じま より:

    はぴたいさま、プリンターのリセットではお世話になりました。
    じまです。

    全ページを拝読しました。
    私も国内ですがわざわざ田舎に引っ越して暮らしているので共感しました。管理人様は仕事を退職してまで海外でくらしてらっしゃるとのことで大変にうらやましいというか、正直、私もやってみたいです。
    いやいや、私は妻と子供がいる身、実現するのは大変危険です。
    ので、ブログを拝見するだけにしておきます。これからちょくちょく覗かせてくださいね。

  2. shooji より:

    はじめまして、タイの方との交際に興味を持って、こちらを拝見しました。

    因みにタイの方は普段は何語でお話をされるのでしょうか?

    コミュニケーションに不安を感じておりますので、宜しくお願いします。

  3. はぴたい@管理人 より:

    shoojiさん

    タイはタイ語を使います。
    タイの方と交際する場合はお互いに国の言葉を覚えるのが良いと思います。
    お互いの国の言葉を教え合うことでコミュニケーションを取ることができます。

    このブログの左のサイドメニューの下に”国際結婚パピネスタイ”のリンクがあります。
    私の運営しているタイでの結婚紹介のホームページです。
    よろしければそちらもご覧いただければ嬉しいです。

  4. しんご より:

    カードの色が渋いですね!(^_^

  5. はぴたい@管理人 より:

    プラチナカードなんですから、銀色の方が良かった気がします。
    それにデザインがいまいちですね。

  6. 高杉海舟 より:

    50歳 リタイアントメントビザで6月にバンコク オンヌット移住しました。

    カシコン銀行のクレジットカードを希望します
    日本語 担当者、支店名を、教えて下さい
    よろしくお願いいたします!

    高杉海舟

    • はぴたい@管理人 より:

      高杉さん

      クレジットを作ったのはチッロムのスーパーリッチの前のカシコン銀行です。
      担当者は忘れてしまいました。
      今は厳しくなったみたいで、ワークパーミットが無いとクレジットカードを作るのは難しいかもしれませんね。

      バンコクのオンヌットとは!!大都会の真ん中に移住したのですね。
      私は、道路に牛が歩いているような田舎です。