知らないと損する 関西空港からバンコクまでの格安航空 LCCを比較

タイ LCC

大阪からタイまでは約5,000kmあります。
船でも行くことが出来ますが、ほとんどの人は飛行機で行くと思います。

飛行機での所要時間は約6時間です。
帰りの方が30分ほど早く着きます。

大阪の関西空港からタイに行くにはどうやっていくのが良いか考えてみました。
他国に一度止まる経由便などがありますが、直行便で考えたいと思います。

関西空港からタイはどこの航空会社が飛んでいるの?

タイ航空

日本航空

全日空

バンコクエアウェイズ

スリランカ航空

エアーアジアX

ノックスクート

等がバンコクまでの直行便を出しているようです。
赤い字がLCCの格安航空です。

料金の安いのはLCC

注目は料金の安い格安航空でしょう。

LCCのエアアジアxとノックスクートです。

ノックスクートはこの記事を書いている2017年2月1日現在では、日曜日、水曜日、金曜日の週3日しか飛んでいません。

格安航空と普通の航空会社との違いは?

料金が違いますが、一番大きな違いは到着する空港が違います。
バンコクには2つの空港があり、格安空港はドムアン空港におります。

●タイ航空、日本航空、バンコクエアウェイズ、全日空、スリランカ航空
バンコクのスワンナプーム空港に降ります。

●エアアジアX、ノックスクート
バンコクのドムアン空港に降ります。

エアアジアXとノックスクートのどちらがいいか

料金の安いLCCに絞ってエアアジアXとノックスクートを比較します。

適当に日にちを決めて見てみます。

行き4月21日 関西空港発
帰り4月28日 バンコク ドムアン空港発

この日程で比較してみます。

料金

エアーアジアX 行き 24,100円
帰り 23,420円
合計 47,520円

ノックスクート 行き 17,003円
帰り 16,250円
合計 33,253円

ノックスクートの方が14,267円も安いです。

料金はノックスクート

時間帯

エアーアジアX 行き 00:10発 04:00着
帰り 14:50発 22:40着

ノックスクート 行き 18:00発 21:55着
帰り 19:25発 16:55着

直行便だけで見ると、どちらも1日1便です。

私の個人的な意見ですが、行きは朝に到着の方が良いです。
夜に到着すると、寝るだけで1日が終わってしまってもったいないし、ホテル代ももったいないです。

帰りは夕方くらいの到着が良いです。
あまり遅い到着ですと翌日がしんどいですし、空港から家までのバスや電車がなくなってしまいます。

行きはエアーアジアX、帰りはノックスクートが良いです。

よって引き分けです。

サービス

どちらも預け荷物、機内での食事、機内でのドリンクは有料です。

結果は?

エアーアジアXで行って、ノックスクートで帰る。
これが一番良いと思います。

・行きは仕事が終わって、21時頃に関西空港に行く。
空港で食事して、00:10発のエアーアジアXに乗り朝早くの4時にバンコクのドムアン空港に到着。
その後、国内線に乗り継ぐか宿泊先に移動。

・帰りは、バンコクの宿泊先を6時半にチェックアウトして、空港に向かう。
09:25発のノックスクートに乗り夕方の16:55に関西空港に到着。

これが一番良いパターンだと思います。

ただ、ノックスクートは日曜日、水曜日、金曜日しか飛んでいないのでその日程で行かなければなりません。