たぶん都会の人は知らない バナナの実の付き方とバナナの切り分け方

タイの家の庭のバナナが実りました

バナナは植えたわけでは無く庭に勝手に生えてきたバナナです。
家を建ててるときに大きな葉っぱが生えてきたな~と思ったらバナナだったんです。

日本の都会に住んでいるとバナナがどんな風に出来るのかあまり見ることが無いと思うので、バナナの成長を見ていただこうと思います。

タイのバナナ

バナナの実ってどんな風に出来るの?

まずバナナは、1本の木から1回しか実が付きません。
実ったら根元から木を切ってしまいます。

まずバナナの木の中心から茎が出てきます。

もともとバナナは葉っぱの集合体のような物で、木の中心から新聞紙を丸めたような感じで1mくらいの葉っぱが伸びてきます。
チンゲンサイやほうれん草のデッカい感じと言えば良いのでしょうか。

普通は1mくらいの葉っぱが出てくるのですが、30cmくらいの小さな葉っぱが出たときが実が付くお知らせです。

小さな葉っぱが出たあとすぐに茶色いラグビーボールのような30~40cmくらいのツボミ?がでてきます。

バナナのツボミ

ここからは成長がとても早いです。
翌日にはツボミ?が全身顔を出します。

バナナのツボミ

これって結構大きいんです。
ぶら下がって下に伸びてゆきます。
大きさはこのくらいです。

バナナのツボミ

下に向かって順番に花が咲いてゆきます

下に向かって順番に伸びてゆきます。
赤茶色いのは花びらではなく、苞葉と言います。

バナナのツボミ

1枚目の苞葉のが咲いているのが分かりますでしょうか?

バナナのツボミ

伸びてくると苞葉の内側に小さなバナナが並んでいます。

バナナの花

このバナナがバナナの花です。
花がバナナになるんですよ。

どんどん伸びてゆきます。
これ1本1本が花と言うことですね。
1つの苞葉にはバナナが15~20本付いています。
売っているときに見る野球のグローブみたいになります。

これでツボミが出始めてから1週間目くらいです。

バナナの花

先端に袋のような物が付いています。
これが甘いんですよ。
蜜の袋のような感じです。
蜜を取りに蜂がいっぱい寄ってきます。

バナナの蜜

ツボミが顔を出してから10日くらいで花が全開に咲きます。

バナナの花

だいたい苞葉が10~13段付いたらそれ以上成長しません。
先のラグビーボールのような部分は切り取落とします。
切り落とした方が大きなバナナになり、成長も早いそうです。
タイ人は切り落とした所を小さく切って煮て食べます。

どれくらいで食べれるようになるの?

ツボミが出てから3ヶ月くらいで実ります。
少しでも黄色くなったらすぐに収穫します。
そうしないと翌日には全部が黄色くなって、2日後には柔らかくなって揺するだけで落ちてきます。
鳥にもツツかれてボロボロになってしまいます。
これ1つでバナナが200本以上付いています。
20kgくらいになるのでこんな切り方をしてもお母さん一人では持てません。

バナナの実

バナナ取ったぞーです。

タイのバナナ

簡単なバナナの切り分け方

包丁とハンマーで簡単に切る事が出来ます。
ハンマーで包丁の背中を叩いて刃を食い込ませていきます。

バナナの切り方

バナナの切り方

順番に切っていけば簡単に切り分けができます。

バナナの切り方

全部で12房ありました。

バナナの切り方

まさに取れたてです。

採れたてのバナナ

バナナはバナナの木と言い、高さも3~4mにまでなりますが、実際は木では無く葉っぱの集合体のような物です。

地面から伸びてきた葉っぱがそのまま大きくなった感じなので、野菜とも言えます。

しかし、果物に分類されるそうです。

バナナの木はスポンジのようなスカスカの木なので包丁でも切ることが出来ます。

切ったバナナの木は細かく切ってアヒルや豚のえさにします。

バナナの木の根元から芽が出てきて、ニョキニョキと伸びて4ヶ月くらいで実が付きだして3ヶ月くらいで収穫できます。

すごい成長のスピードです。