水素水スティックで水素水を作ってみる

水素水ってなに?

そもそも、水素水って何かというと、水素分子のガスを溶解させた水のことです。
水素がほんの少し水に溶けたもので、それを飲もうってことです。

健康に良いってホント?

人の体には、活性酸素があってそれが良くないらしいです。
で、水素水が活性酸素をぶんかいしてくれるらしいです。
無味・無臭・無色です。

で、水素水スティックなるものを買ってみました。
4本で1500円くらいでした。
製品名はハイドロゲンスティックと言うらしいです。

水素水スティック

ステンレスの筒に小石のようなものが入っていて、振るとサラサラ音がします。
500mlのペットボトルに1本入れて、常温で数時間置いておけば水素水ができるらしいです。

水の入ったペットボトルに水素水スティックを入れるとシュワ~って泡が出ると思ってましたが、なんにもでません。
ヌルい水なんて美味しくないので、冷蔵庫で冷やして飲んでいます。

ハイドロゲン スティック

で、どうだったか

味もないし、カラダになんの変化もありません。
そもそも水素水ってペットボトルでは保存できないらしいです。

金属の容器でなんとか保存できる不安定なもので、金属の容器でも蓋を開けた瞬間に水素が抜けてしまうらしいです。

この鉄の棒ジャマねと嫁にブツブツ文句を言われながら、水素水モドキを毎日飲んでいます。

水をガブガブ飲むようになったからかどうか分かりませんが、ほんとになんとなくお通じが良くなったような気がします。

水素水スティックを1ヶ月に1度はクエン酸を溶かしたお湯につけてあらわなくてはなりません。
洗わずずっと使い続けるのは衛生上良くないです。

スポンサーリンク